個展『宗像裕作 展-たゆたう光の詩-』(熊本・なかお画廊)、終了しました。ありがとうございました。 | -夢見る絵画-YUSAKU MUNAKATA ART GALLERY

2019/10/09 14:07


熊本・なかお画廊での個展『-たゆたう光の詩-』、10月6日をもちまして無事に終了しました。
お越しいただいた方々、今回は来れなかったけれど気にかけてくださった方々、なかお画廊オーナー、誠にありがとうございました。
3年ぶりの熊本での個展でしたが、作品もあたたかく受け入れてもらえ良かったと思っています。

----------
会場の様子です。



2階へ。






---------

ご購入いただいた作品です。

こちらの『夢見る樹』という作品は、「一番眠くなる。」という理由でご購入いただきました。
いくつかの作品で悩んでいましたが、決め手が「眠くなる絵」のようでした。
見ていて心が安らぐ絵を求めていたようです。
ありがとうございました。


熊本での個展の際、毎回購入してくださっている方が今回はこちらの作品『予感』をご購入くださいました。
私の絵の中では珍しいタイプの絵ということで、この絵に決めたそうです。
色々なバリエーションの絵があると、その日の気分によって絵を掛け替えてみたり、
季節の変わり目や部屋の雰囲気を変えたいときに絵を替えてみたりと、楽しみも広がりそうです。
ありがとうございました。



上の2つの作品『夜が明けるまで』と『そらをかきまぜる』をご購入くださったのは、始めて私の絵を観たという方だそうです。
作品とその方の心に何か共鳴するものがあったのだと思います。
在廊日以外に見に来られた方で、直接会うことはありませんでしたが、絵を通して何か別次元のコミュニケーションが取れているような、そんな気もします。
ありがとうございました。


こちらの作品『星つり』は、結構人気がありこちらもお嫁入りが決まりました。
ありがとうございました。


----------

あと話は少し変わりますが、画廊近くのカジュアルダイニング『Joan』というお店に作品《存在の光》が飾られています。
2012年制作、高さが130cmほどの結構大きめの作品です。
始めて熊本で個展した際に、たまたまそこのオーナーがふらりと立ち寄り、《存在の光》を一目で気に入り購入してくださいました。

こちらは、パーティールームに常時飾られています。
ランチやディナーに、ぜひ。



----------

以上、熊本・なかお画廊での個展のご報告でした。

個展も終わり、ようやく落ち着いてきたので、また当SHOPサイトを充実させていきたいと思います。
お楽しみに☆